将来を考えて幼稚園を受験する子供が増えています。親御さんの希望もありますが、今の子供は受ける意味を知っていますので、かなり力を入れている家庭もあります。もちろん、様々な価値観の中で決まってきますので、幼稚園では面接が重視されることが多いです。面接では、子供が聞かれることはまず「名前」「年齢」「誕生日」そして「両親の名前」などがあげられます。基本的にわかっていることを聞かれますので、前もって準備をしておくことです。そしてアドリブ的に聞かれることがあるのが、本を読んでいるのか、もしくはどのような本が好きかがあります。好きな本を持っている人は、それを応えることになりますが、その時にどのような部分が好きなのかを聞かれることがありますので、ある程度は準備をしておくことです。そうすることによって、面接を乗り切れます。

子供が聞かれる幼稚園受験の面接

幼稚園の受験では面接があります。保護者の方もそうですが子供のための面接になりますので、メインで聞かれることがたくさんあります。名前や年齢もそうですが、両親の名前を答えなくてはいけないこともあり、祖父母の名前を聞かれることもあります。様々なことをベースに聞かれますので、それに答えれるようにしておくことが大切です。そして、いきなり聞かれることがあるのは「今朝食べてきたもの」などがあり、普段の食生活の内容なども聞かれることがありますので、常に何を聞かれるのか分からないと考えていた方が良いです。しかし、意地悪な質問をするわけではないので、わからない時にはわかりませんとはっきりと答えることです。それから、子供らしい一面があると、面接でも合格することが多いといえます。あまり緊張しないでいることが、合格する秘訣です。

子供のために受験する幼稚園を選ぶことが大切

子供に幼稚園を受験させたいと考えている親御さんの中には、親の都合だけで幼稚園選びをしようとしている方が意外と多くいます。例えば送迎バスが家の近くに停まるからとか、給食が出るからとか、保育時間が長いからといったメリットから選ぼうとすることです。しかし、幼児期の子供にとっては親と一緒に手をつないで通園する時間は、かけがえのない時間になっていくものですし、お母さんが作ってくれたお弁当からは母親の深い愛情を感じることができます。更に慣れない社会生活で疲れた子供たちにとって、家庭で過ごせる時間は心からリラックスすることができる時間になります。そのため、親の都合だけで選ぼうとするのではなく、子供にとって大切なものは何かということをじっくりと考えながら、幼稚園の教育方針や設備、環境、距離などとともに総合的に判断した選び方をすることがおすすめです。